読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒマな時に読むブログ

あまりにIQが高過ぎて低く見える私の日々の考察

お花見に行く必要ってありますか?断ってみていいですか?

毎年毎年、どうしてこちらから出向いていかなきゃいけないんですかね?

 

 

むしろ、花見の方から来るべきじゃないですか?

 

 

 

「今年はこちらからお伺いさせていただきたく存じます」とか言いながら花見の方が来るべきですよ、たまには。甘やかし過ぎじゃありません?

 

 

しかも毛虫やばくないですか?

来客があるってわかってるのに毛虫を体に這わせてるって相当なスタンド使いですよね?

毛虫這わせます?普通

 

 

とはいえ、花見は日本の文化であり楽しい事は間違いないので、今後このインセクター羽賀と如何に上手く付き合っていくのか。

これが東京オリンピックの課題となると思います。

 

 

そこで、花見の方が我が家にやってくる方法について本気出して考えて見たよ♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.花見の方からは来ない

まず来ません。いくら待っても来ません。

そもそも桜は来るとか来ないとかそういう概念ではなく、もっと宇宙的な、波動とかそういう次元の話です。

 

 

 

 

 

2.覚せい剤を視野に入れ検討する

これはかなりお茶目ですが、花見の方から来てもらうにはこれしかないでしょう。

 

 

 

 

 

3.お母さん

「お母さん!!どこしまったの!?花見はどこ!?勝手に片付けないで!!」

 

と、ンヒィヒィ泣きながら言いましょう。

 

お母さんは瞬時にタンスから花見を出しますが、それは覚せい剤による幻覚作用です。まず覚せい剤をやめましょう。

 

 

 

 

4.自分自身が花見だと気付く

ここまで来れば、もうアナタは「いつもは見てばかりだけど見られるのって結構いいカモ♡」と覚せい剤で楽しくなっているはずです。

 

後ろを向いてください、お母さんが立っているでしょう。

 

そのお母さんは幻覚ではありません。

 

貴方に更生して欲しくて

小さかった貴方の手を引いた優しい手をボロボロにして

泣くのを堪え、口元を震わせながら、それでも笑顔を作っています

 

「そうだ、病院に行って見ない?」

 

いま思いついた様に口にした言葉ですが、そのセリフは何日も、何ヶ月も前から練習した言葉でした。

 

何気ない提案の様なその言葉は、本当はお母さんにとって痛いほどの願いです。

愛する我が子の笑顔が見たい、その為なら自分自身はどうなってもいい。

その願いを、たった一言。ただ一言だけで伝える事は、どれ程の勇気がいることでしょうか。

 

 

 

それでも貴方には、お母さんの声は届きません。

 

 

貴方は、貴方の世界のお母さんがタンスから出した桜に「たまには花見の方から家に来い!」と説教をしているからです。

 

 

母はもう限界でした。

愛する子供を守るには、もう我が子と最後を共にするしかない。と、やつれた手に包丁を持ちました。

 

 

その時

 

 

「あ...さくら....」

 

 

貴方は窓の外に本物の桜を見つけ、わずかの間ですが本物の笑顔を見せました。

 

 

「貴方、小さい頃から桜好きだったものね。お花見でも行かない?お願い」

 

 

お母さんは、先程とは違い本当に嬉しくて、笑いたいのに顔が引きつってうまく笑えません。

それどころか口の端を震わせて、涙を流しています。

 

 

「お花見?毛虫やばくない?普通、来客あるのわかってて体に毛虫這わせます?やばくないですか?そこが東京オリンピックの課題ですね。」

 

 

と言いながらも貴方は既にタンクトップに着替えて花見に行く気マンマンです。

 

 

花見の場でちょいちょいタンクトップをずらして、見られる悦びにニタニタ笑う貴方の姿を見て、お母さんは爆笑しています。タニタ

あまりにブサイクな笑い方なので、少し気持ち悪くて今までのお母さんの感じが台無しです。

 

 

 

こうして、久しぶりに桜の樹の下に家族の笑顔と笑い声が満開に咲き誇りました。

 

 

 

お花見って素晴らしいですね。

 

 

 

覚せい剤。ダメ。絶対。

 

 

 

 

5.自分自身に催眠術をかけて部屋いっぱいの花見に来てもらう

以上です、お疲れ様でした。

 

 

 

 

ハンス王子

f:id:IQ530000:20170318224820j:image

世界的大ヒット映画アナと雪の女王ヴィラン(悪役)

 

ハンス王子にスポットライトをあてて考察したいと思います。

 

 

考察というかまぁ仮説と言うかでっち上げですね、よろしくお願いします。

 

 

まず、ハンス王子ですが

 

 

制作当初の予定では、単にヒロインとくっつくイケメン王子でした。

 

 

冒頭のハンス王子は、純粋で、出会いも運命的。まさにプリンス。ハンスプリングルス

 

 

エルサには後々 事故にあってもらう予定だったと考えられる程計算高いキャラに描かれておりません。

冒頭のハンス王子

f:id:IQ530000:20170318225434j:image

 

 

 

邦題では【アナと雪の女王】となってますが

 

原作はアンデルセン童話【雪の女王】と言われております。

 

 

原作の雪の女王とは、つまりhttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/雪の女王

ということです。

 

 

そう、雪の女王は姉でもなければコンプレックスをかかえた王女でも何でもありません。

 

 

原作では単なるキチ○イなハズです、ほとんどジャイアンと言っても過言ではない。というかもうジャイアンです。アナとジャイアン、いやジャイ子ジャイアンのアナ

 

 

Wikipediaのリンクがおかしいのはせめてもの気持ちです

 

まだ輝いていた頃のハンス

f:id:IQ530000:20170319123223j:image

主題歌【レリゴー】の登場によってハンスの人生は一変しました。

 

 

主題歌に合わせて雪の女王のキャラクターと、脚本が一新されてしまったのです。

 

 

悪役がいないので仕方なくハンスに死んでもらう事になりました。

 

 

死んでもらったハンス

f:id:IQ530000:20170319123722j:image

 

ちなみに、牛には胃袋が4つあり、一度食べた牧草を反芻させて4つの胃袋で消化します。

 

草しか食べてないのに あのガタイはおかしいと思ったんですよね。

 

「草の持つ栄養素を全て吸収してやろう」

 

というあのギラギラした目つき、とても人間とは思えません。変態でしかない。

 

 

おぉこわい

 

 

 

ホワイトデーに怒る人々

バレンタイデーは何となくわかる気がするんです。

 

いや、わからないんですけどね、何か起源を感じるんです、キリストが囁いてる気がするんです。何かのお祝いの日だょ☆って。

 

 

でもホワイトデーって何ですかね?

バレンタインのお返しって事ですか?何がですか?

全然キリスト囁いてきてないですけど、本当にホワイトデーって存在するんですか?

 

 

何をもってしてホワイトですか?もしかして下ネタですか?飲むシュークリーム?

というか、まず私達はサンタさんにお返ししなければいけないんじゃ?

 

 

毎年プレゼントをねだる子供の口に、有無を言わさずプレゼントをねじこむ配達の鬼。

 

 

それから半年も立たないうちに、プレゼントの交換会が始まります。サンタさんをハブいて。

 

 

そりゃサンタさん怒りますよね、怒るを通り越して笑っちゃいますよ。

 

いつも笑ってるじゃないですか?サンタさん。そういう事なんですよ。あの微笑みの袋の中にはホワイトデーへの怒りが詰まってるんです。

 

 

お前らどうせ今年はニンテンドースイッチお願いするんだろ?今の内から俺様に媚び売っとくのが賢いと言うものだって顔してますよね?あのヒゲ野郎。

 

 

大体サンタクロースって酷くないですか?

入って来ないで下さいよ。

何勝手に家に入ってきてるんですか?

法に則ってくださいよ、っていうか厳密に言うと逆に入ってきてませんよね?家。

 

 

入ってきてくださいよ、来ないって疑うの前提の存在じゃないですか。こっちは靴下ぶら下げてヨダレを垂らして待ってるんです。哀しくないですか?

 

 

『サンタさんくるもん☆』

って世界中の大人が信じてたら次の日は絶望に満ちた世界が待っていますよ。

 

 

『サンタさんが来る確立は非常に低いので私達が何とかしなければ』

という有志の働きによってなりたってるんですよ、それをあのヒゲは。

 

 

『何が欲しい?何でも言ってごらん?』

みたいな事を言ってますけどね!散々煽った挙句にバックレるとか鬼かお前は!変態!異常性癖!人に言えない趣味があるだろう!!貴様は!!絶対に許す!!!許した!むしろ許して。

 

 

なんだかんだ言ってますけど好きなんですよ我々。サンタクロース。

 

 

日本には昔、三択老師と呼ばれる武術の達人がおりまして、老師の手にかかれば赤子の手を捻る事なんて朝飯前だったんです、それぐらい凄いんですサンタクロース。

 

 

話を戻しますね、何でしたっけ、森友学園金正男が復活したのがホワイトデーでしたっけ。

 

 

とにかくホワイトデーの手配はサンタさんを信じて僕は無料動画見て寝ますなぜならバレンタインもらってないから

 

サガミオリジナル 0.01 5個入

サガミオリジナル 0.01 5個入

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上映中に声を上げて泣く人続出の映画を見てきた感想

f:id:IQ530000:20170305231344j:image

ラ・ラ・ランドがアカデミー賞を受賞しましたね

 

あれ?違うっけ。僕が見たときは確かに受賞してたんですけどね。

 

 

という訳で、早速 映画館に行ってきました。

 

 

塩とキャラメルのポップコーンを同時に口に入れて塩キャラメルポップコーン!!と叫びながらシアターに向かい、席に着きました。

 

 

照明が落ち、大音量で映画の導入部分が始まってしばらくすると、もう泣いてる人が数名。早漏

 

 

まぁ感性は人それぞれなので特に気にしてませんでしたが、なんかチョイチョイ後ろの人が俺の席を蹴ってる気がする。

 

 

まぁ感性は人それぞれなので特に気にしてませんでしたが、絶対に隣の隣の奴がチュッパチャプスを舐めている気がする。

 

 

この頃になると もう色んな事が気になり始め、些細な物音にもヒィと声をあげるようになっていました。

 

 

逆に自分の出す物音にも過剰に反応するようになり、ポップコーンを食べるときは口の中で湿らせてから噛むレベルでした。

 

 

その時です、隣に座っていた僕の息子が

 

 

「ねぇパパ、じゃがりこ食べていい?」

 

 

と小声で言って来たのです

 

 

「お前は自分が何を言っているのかわかっているのか!!!そもそも食べ物の持ち込みは禁止だろうが!!どうしても食べたかったら口の中で湿らせて食べなさい

 

 

 

 

ふと隣の隣の席を見ると、やっぱりチュッパチャプスを食べてる客が

 

 

なんだ、ここはチュッパチャプス オーケーなのか、そうか、それなら私もポテトチャップスを食べようじゃないか。湿らせて噛めば問題ないのだから。

 

 

私はカバンからプリングルスを取り出した。

 

 

カバンに入っていたのはクアトロチーズ味。

 

 

辺りに広がるチーズのかほり。

 

 

問題ない。何故なら口の中で湿らせて噛んでいるのでパリパリとした不快な音は絶対に出ないのだから。

 

 

しかしながら余りにいい匂いなのでやめた。

私のクアトロチーズを狙われかねないからだ。

 

 

ここは無難にポップコーンを食べよう、そう思った私は塩ポップコーンとキャラメルポップコーンを口の中にいれ塩キャラメルポップコーン!!と叫んだ。

 

 

キャラメルの甘みを、塩の効いたポップコーンが引き立たせる。甘みと塩っからさのエンドレス連鎖。これは美味い!!もうとまらないよ!!とスタンディングオーベーションしながら映画に目をやると

 

 

 

-自分を証明する物が何もない状態。それでも信じてくれる人がいるという事の暖かさ、そしてそれが導く奇跡。-

 

 

 

という俺の二個前のブログみたいな展開が。

え?なに?そういう感じ?監督見てる?俺のブログ見てる?イェーイ!見てるー!?ヒョオオオオ!!

 

 

とブツブツ言ってると物語は佳境。

 

 

どうでもいいんだけど、ヘルメットを被った しずかちゃんがロックマンエグゼこと彩斗兄さんにしか見えなくなってくる現象が俺の中で発生。

 

 

「パパーおしっこいきたーい」

と叫ぶ娘、辺りに漂うチーズの香り。

チュッパチャプスをバキュームする音。

映画館なのにやたら泣く その辺の子供達

 

 

 

 

混沌(カオス)

 

 

 

 

最終的にのび太とドラエもんの絆とか色々あって地球は救われた。

 

 

 

 

たのしかったですまる

 

 

 

 

 

参考

f:id:IQ530000:20170305231925j:image

彩斗兄さん

 

途中しずかちゃんエグゼだから。マジで。

 

 

 

 

 

 

 

 

となりのトトロ考察【新・都市伝説2017】

 

 

上映から数百年たった今でも金曜ロードショウを埋め尽くす話題のハヤオフィルム。

 

その名を知らない人はいないだろうが、恐らく多くの人が真実に気づかないまま何となくみている。

 

 

数ある都市伝説とは一線を画した斬新かつタクティカルな私の考察を披露したい。

f:id:IQ530000:20170223173230j:image

まず、なんつーカメラアングルを思いついとんねん宮崎。カメラマンどうなっとんやコレどういう性癖もってたらこういうアングル思いつくんやこの性犯罪者

 

 

 

 

1.そもそもトトロではない。

 

 

思い出して欲しい、メイが

 

君の名は。

 

と聞いたとき

 

 

「ヴォーヴォーヴォオゥ」

 

 

と答えたハズである。

 

「あなたトトロって言うのね!?」

 

の問いに関しては

 

「私はトトロではありません。」

 

と流暢に答えているが、現代社会の人間は気づいていない。

 

 

 

2.お父さんがトトロ。

 f:id:IQ530000:20170223174253j:image

夢中で何かを書く父親

 

考えてみて欲しい、なぜ母親の病院からあんなにも離れたワケのわからない場所に住むのか。

 

答えは簡単、お父さんがトトロだからだ。

 

お父さんは元来、森でドングリを食べて平和に暮らす大人しいタイプの奇行種だった。

 

しかしある日、いかにも病弱ですみたいな女と出会い、彼の人生は一変する。

 

トトロの性格を鑑みて、そんな病弱な人をほっておくだろうか?いや放っておかないだろう。

 

お父さんは、すかさずドングリを与えたが、そのドングリに穴が空いていた為に婚約指輪と間違えられ結婚させられたのだ。

 

 

現代社会に馴染めぬ哀れなお父さんは、いつも森に帰りたいと願っていた。

 

そんな折、彼女が体調を崩した。

 

 

「大丈夫!?田舎に入院する!?そうしよう!!」

 

 

そうして彼は田舎で作家のフリをしてドングリの絵を描いて暮らす夢を叶えた。

 

 

そして夜な夜な着ぐるみを着て森を徘徊していた所を娘に見つかってしまったので、幻覚作用のあるキノコを食わせ、頃合いを見計らって次女をお地蔵さんの所まで連れて行ってダッシュで逃げたのだ。

 

 

 

 

 

3.池に落ちていたサンダルは誰のものか。

 

 

カンタである。

 

彼は、そういう趣味があった。

 

 

病院に向かったサツキがカンタと出会う描写があるが、アレはサンダルの件がバレるのを恐れたカンタがダッシュでバァさんから逃げているのである。

 

 

「俺が病院へ行くから、サツキは村に戻れ」

 

 

 

4.その後

 

 

父親は保護責任者遺棄致死で逮捕された。

 

実は彼にはもう一人子供がいた。

 

そう、カンタである。

 

彼は、カンタを第二のトトロにすべくドングリばかり与えていた。

 

トトロの後ろを歩く小さいトトロ、アレは着ぐるみを着たカンタだ。

 

あまりにサイズ感がしっくりこないので、着ぐるみの変更を申告したが通らなかった。

 

カンタは死ななかったが、その後サンダル事件が明るみになり、社会的に死んだ。

 

 

サツキとメイは、どうして自分達が5月っぽい名前なのか気になり始め、もしかしてダジャレなんじゃと気づいた時からショックで幻覚を見るようになってしまった。

 

 

猫バスと称してハムスターにまたがり登下校をしている彼女達は、やがて役所に保護され今も元気に変な目つきで暮らしている。

 

 

月収130万が半年後に月収5万円になって無職になりそうな男が気づいたこと。

まず始めに、月収130万がウソです。

 

ウソではないのですが、その翌月の給料が0でした。

 

1年の収入的には普通だったと思います、その辺を踏まえてタイトルを改訂いたします。

 

 

その辺の人が無職になりそうな話

 

 

普通ですね、いや普通ではないか。

 

 

ケーキ職人が無職になりそうな話

 

 

まずケーキ職人が嘘なのでダメですね

 

 

その辺の人が40万円分のケーキをムシャムシャたべる職人が半年後に130万円分の無職に気づいた話

 

 

 

ジャイアンのび太を殴る話

 

 

 

ちょっと自分語りします。

 

 

フラフラ生きてきた僕は

 

 

高校三年生、皆んなが大学だー就職だーとやっている時、ひたすら牧場物語をやっていました。

 

 

本当に牧場物語ばかりやっていました、来る日も来る日も耕し、カリンちゃんに花を届ける日々でした。

 

 

僕の畑が賑わってきた頃、皆んなは進学したり、就職したり、ワイワイしてました。

 

 

その場のノリで僕もなんとなく就職してみました。

 

 

そして辞めました、再就職しました、そして辞めました、再就職しました、辞めました、起業しました、辞めました、また始めました。

 

 

そんな事を繰り返しているウチに、僕の体にある変化が起こりました。

 

 

 

 

 

 

 

身長が169.9cmになりました。

 f:id:IQ530000:20170222174339j:image

 

 

この0.1ミリは世界で一番大きな1ミリです。

 

 

 

今まで

 

「身長何センチ?」

 

と聞かれたらドヤ顔で

 

「170センチメートルです!」

 

 

と答えていましたが

 

とうとう私は160センチ台という歴史的快挙を成し得たのです。

 

 

でもそこは普通に170センチにしてくれてよくね?その0.1mmの妥協を許さない精神は何なの?死ぬの?

 

 

つまり、この前まで170センチメートルの巨人 だった僕も、気づいたら160センチ台のドワーフになり得た訳です。

 

 

今、自分を表すモノサシがあったとして、それは収入だったり、身長だったり、肩書きだったり。

 

 

【自分】を説明する時、それが数字や立場だとしたらそれは悲しい。

 

 

でも、その数字が高い時には気づかないんです。

 

 

価値を見出していた数字がなくなった時、自分に何が残るのか、何を持って「これが私です」と証明できるのか。

 

 

何日も、何週間も自分を見つめなおしました。

 

 

そして気づいたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻毛出てた。

 

 

 

 

 

 

 

 

やめろ。私に小型犬を近づけるな。【愛犬との思い出】

やめてくれ、カワイイのはわかったから

 

 

その犬を可及的速やかに隔離してくれ。

 

 

カワイイからってなんでも許されると思うなよ、そんな つぶらな瞳で見つめないでくれ。

 

 

そんなフワフワモコモコしたってダメだ

 

 

君たちは噛み付く寸前までカワイイ顔をして、いきなり僕の腕を喰いちぎるつもりだろう。

 

 

そして、骨になった僕を裏庭に隠すに違いない。

 

 

 

そんな猛獣にどうして手を差し伸べられようか

 

 

その殺人猛獣は俺を骨にして、裏庭に隠すつもりで近づいて来てるんだ、気づいて飼い主さん

殺意の波動に目覚めたチワワに鎖を巻いて。

 

 

どうしてそんなにシッポを振っているんだ

 

 

もしかして飛ぼうとしてるんじゃないか?

 

 

その勢いでシッポを回し続けて、飛ぶつもりなんだろ?

 

 

その証拠に、少し後ろ足が浮いてるじゃないか。これは生態系の危険が危ない。

 

 

そんなにヨダレを垂らして、俺の地球をどうするつもりだ?

 

 

どれ程おなかを減らしたらそんなにヨダレが出るんだ。え?体温を下げてる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

効率。

 

 

 

 

「ヨダレを垂らして体温を下げてます」

 

 

 

そんな理屈が社会で通用するか、そのシッポの回転をもう少し有効に使うとかあるだろう。

 

 

 

 

 

そんな事を言っているとウチの犬は逃げた。

 

 

 

かなりクレバーな少年だった俺は、愛犬とポケモンイエローをやったり、犬にノーモーションで話しかけたりする有能な一面を持っていた。

 

 

 

しかし、余りに頭が良すぎて犬とポケモンをやるのは効率が悪いと気づいてしまった俺は、ポケモンではなく万歩計ゲーム、ヨーカイザーをやり始めた。

 

 

 

ここで終わらないのが私という男で、効率的にヨーカイザーで妖怪を集める為に犬を家に置いて散歩にいくとうクリエィティブな荒技を敢行する事にした。

 

 

 

 

「ぜったいおせわするから!」

 

 

そんな純粋な言葉など、彼の頭にはもうない。

 

 

彼は既に政治家の素質を開花させていた。

 

 

とにかく選挙に勝てばいい、とにかく犬を飼ってしまえばこちらの勝ちだ。

 

 

その理論で彼は生徒会選挙で圧勝した。

 

 

 

犬は逃げた。

 

 

探しても探しても見つからなかった。

 

 

どうして俺はあの時、犬を置いたまま犬の散歩に行ったんだろう。

 

 

 

どうして世界から戦争がなくならないのだろう。

 

 

 

 

どうしてドナルド・トランプはそんなに楽しい名前をしてるんだろう。

 

 

 

 

 

 

いぬ、すき、かわいい

 

 

 

 

 

やられたらやり返す、噛んだら噛み返す、倍返しだ。

(27歳男性)