読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒマな時に読むブログ

あまりにIQが高過ぎて低く見える私の日々の考察

今日バレンタインだけどさ、実は前から思ってたことがあるんだよね

 

 

 

早口言葉っていくらなんでもひどいですよね

 

 

ブスバスガイドの乗ったバスガス爆発。

 

 

ブスバスガイド

 

 

ひどくないですか?

 

 

まぁいいけど

性的な悩みを解決するシンプルな提案。

ブログを何とか更新しなければならない、そう決意した私は、とにかくタイトルで閲覧数を稼ごうとした。

 

 

とにかく閲覧者にスケベニンゲンを集めたい。

 

 

スケベニンゲンとはオランダの地名だ。

 

 

ちなみにチンポー湖もある。

 

 

どっかの湖の名前だ、これは本当に仕方のない湖だ。

 

 

非常にビックリな事に、漫湖もある。

 

 

信じられないことに漫湖公園もある。

 

 

スケベニンゲンやチンポー湖は仕方ない。

 

 

 

 

だがしかし、漫湖は如何なモノか。

明らかに悪ふざけである。

 

 

100歩譲って漫湖はまだ許そう、気持ちはわかるがここは大人になって許して頂きたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漫湖公園

 

 

 

 

 

 

 

しかも湿地である、なんならラムサール条約に関わる重要な湿地である。

 

那覇バスターミナルからバスが出ていて気軽に行くことが出来る。

 

「次は〜漫湖公園漫湖公園〜」

 

 

 

 

 

かつて、純粋な少年がいた。

 

彼は、海を愛し、海に愛される伝説の男の子だ。

 

名前は藻青。そう、モアオ。

 

 

彼は琉球の文化に育ち、海から始まり海に終わる生活をしていた。

 

 

 大人になったら絶対、海に出るんだと言う彼は真っ黒に日焼けしていた。

 

 

毎日シークヮサーをかじりながら美味しいさー美味しいさーと言ってた彼も、やがて夢ができた。

 

 

 

もちろん、バスの運転手さんだ。

 

 

 

バスの運転手さんを夢見た男の子は、必死で勉強した。

 

 

そして、いつの日か気軽に女性器を連呼するようになった。

 

 

 

今やmankoと発音する事など全く気にする素振りもない

 

 

海に愛された彼は、もういない。

 

 

そんな彼に転機が訪れる。

 

 

 

バス会社が海外進出を決めた。

 

 

 

そして、彼が選ばれた。

 

 

 

 

彼は、胸躍らせてチンポー湖行きの飛行機にのった。

 

 

 

~fin~

 

 

 

 

 

インフルエンザとかいう下ネタ

名は体を表すと言いますが【インフルエンザ】

 

 

という名前が良くない。

 

 

ロンギヌス、グングニルエクスカリバー、インフルエンザ

 

 

伝説の武器に混じってても何ら違和感を感じない

 

 

この病気にかかったらとんでもない事態になる感が凄い。自己主張が過ぎる。

 

 

そこで

 

このインフルエンザをもっと身近に

 

もっとフレンドリーなパートナーにする為に、色んな名前を考えてみた。

 

 

 

 

【ふわふわマカロン

「昨日ふわふわマカロンになっちゃってさー」

「えーいいなーアタシもフワフワしたーい」

となること必至である。

 

 

普通だったら考えられない、インフルエンザであると告白されたら何故この場にいるのか叱責されるところだが、ふわふわマカロンならまろやかな空気とウィルスがその場を包む。

 

 

しかしながら、その危険性が1ミリも伝わらないので却下としたい。

 

 

 

 

 

 

【勃起】

 

ぼく「すみません部長。明日仕事休んでいいですか?」

 

部長「どうしたんだね?」

 

ぼく「実は、勃起してまして」

 

ぼく「病院にいったら、間違いなく勃起でしょうと診断されまして」

 

部長「それはいけない、しばらく休みなさい。職場の皆が勃起してしまっては仕事にならんしな、消化の良いものを食べて暖かくするんだぞ」

 

 

これはかなり危険である、そういう意味ではふわふわマカロンを余裕で超えているし、部長も高確率で勃起している可能性が高い。

 

 

しかしながら、あまりに過激で刺激的なので、ふわふわマカロンと勃起の中間地点を探す事にした。

 

 

 

 

 

 

 

和田アキ子

これはかなり勃起よりだが、一応女子である事を考慮すれば中間地点と呼ぶに相応し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風邪ひいた、ねる

 

 

 

〜迫リ来ル田楽〜2ndシーズン

いつも通りの下らないブログを書いた。

 

いつも通り風呂に入った。

 

いつも通りダヴのボディソープで身体を洗おうと思った。

 

ダヴは空だった。

 

俺は赤ちゃん肌なのでダヴじゃないと失禁する恐れがあった。

 

 

「おーい、ダヴの詰め替えとってー!」

 

 

赤ちゃん肌の俺はダヴを待った。

 

 

やがて妻が持ってきてくれたのは、いつも通りのダヴではなく田楽だった。

 

 

「えっ?もしかしてブログ読んだ?

 

 

しかし、よく見たら田楽ではなく普通の石鹸。見間違いだった。

 

「えっ?何か言った?ブログ?」

 

と言う妻に何でもないよと笑いながら、俺は軽く失禁していた。

 

今思えば、これが物語の始まりだったように思う。

 

 

 

1ー異変。

 

それからしばらく経った頃、改札で妙に混雑する事が増えた。

 

いつもだったらスムーズに人が流れる地方の駅だったので、違和感を感じながらもあまり気に留めていなかった。

 

ある日の晩、ニュースで最寄駅の名前を目にした。

 

「○△駅にて、無賃乗車で一斉検挙.....容疑者は口を揃えて田楽で行けるかと思った、と供述しており....」

 

 

耳を疑った。

 

 

「晩御飯出来たよー。」

 

 

俺は目も疑った。テーブルいっぱいに並べられた田楽。

 

 

妻はニタニタと笑いながら田楽を並べ続けている。

 

 

俺は失禁しながら玄関へ走った。何故か最寄駅へ行かなくてはならない気がして、とにかく走った。

 

 

走って走って最寄駅へ着いた時、俺は速やかにに職質をすませ改札へ向かった。

 

 

改札で目にしたもの、それはICカードのタッチパネルに田楽をペチンペチンする親父の姿だった。

 

 

「親父!!」

 

 

検挙寸前の親父の手を引っ張り、何をしてるんだと問い詰めた。

 

 

親父は普通に酔っぱらっていた、普通にいつも通りの親父だった。

 

 

どんな事にも手を抜かない親父の手は、からし味噌 で汚れていた。さすが俺の親父だった。

 

 

俺は呆れながら、それでいて少し誇らしい気持ちで親父の手を石鹸で洗ってやった。

 

 

あんなに大きかった親父の手、何十年ぶりに触ると少し小さくなっていた。

 

 

少し寂しい気持ちで親父に目をやると、親父は失禁していた。親父も赤ちゃん肌だったのだ。

 

 

俺たちは職質をすませ、それぞれの妻に襟首を引っ張られながら家路を急いだ。

 

続く

 

かどうかわからない。

 

 

 

 

 

【序章】田んぼが楽しい と書いて田楽

こんにゃくである。

田楽とはコンニャクなのである。

 

 

田んぼに一切関わりがない。楽しくもない。

 

 

コメを一粒も使わず田楽と名乗るのなら俺も田楽、アナタも田楽。

 

 

スマホを持っているでしょう。田楽です。

お風呂にあるアレ石鹸だと思ったでしょう。田楽ですよ。

 

 

この後アナタはあったかい田楽にくるまって、田楽を充電しながら眠りにつき、田楽の夢を見るんです。世界は田楽で出来ている、いや、田楽は田楽で出来ているんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ田楽食べたい

追記:三部作にします

 

 

インスタグラムで#お正月#神社とか一々説明する人はどんだけ親切なの?

そんなん見たらわかりますけどね、お餅の写真に#お餅。そりゃそうです仰る通るモチモチ。

 

ハッシュタグって別に説明するためにつけてるわけじゃないですしぃ~」

 

って言う奴に限ってインスタで

 

 

#ハッシュタグって

#別に

#写真の解説してるわけじゃないし

 

 

とか言ってるに違いない。

 

 

そもそも本当にハッシュを理解してるか怪しい。何気なくハッシュハッシュ言ってるけどハッシュってなんですの?

 

 

とにかく「ハッシュ」って語感からして下ネタなのは間違いない

 

 

辞書には

 

ー  ハッシュ(動・名)

変態の息遣い、又はその擬音を表す言葉

ー「~~はハッシュハッシュしながら~~している」

ー「~~はハッシュハッシュしながらハッシュハッシュしている」

 

 

って書いてあると思う。

 

 

まぁお餅に#お餅って書いてあるのはまだいいとして#今年もよろしく  って何ですの?

 

 

お餅「今年もよろしく^ ^」

 

 

 

 

 

 

 

 

カビ生えるじゃないですかぁ、今年一年よろしくみたいなこと言ってもせいぜい1週間ぐらいの付き合いの餅にそんな言われましてもカビ生えるじゃないですかぁ。カビキラァしましょうかぁ?そんなん言うならカビキラァですかぁ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つらい。

 

 

 

 

 

 

去年お世話になってない人に「今年もよろしく」と言ってしまう自分が恥ずかしい。

あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。

 

 

と、何度も何度も壊れたファービーみたいに繰り返す自分に嫌気がさしてきた。

 

喪中以外の人に「あけましておめでとうございます」についてはまぁいいと思う。

 

しかし

「今年もよろしくお願いします」の「も」の中には

 

「モチロン昨年も私のために尽力してくれたと思いますが、またよろしくお願いしますね今年も」

 

というフリーザ様的ニュアンスが含まれている。

 

 

ならば、いっそここはハッキリと

 

「去年は正直微妙だったので、今年こそはよろしくお願いしますね」ペッ

 

 

と言ってしまった方が、先方の為になるのではないか?よりフリーザ様に近づけるのではないか?

 

 

と考えた私は1/5までの間、会う人間のことを「ザーボンさん」と呼ぶことにした。笑い方もホホホに変えた。

 

 

 

「ホホホ、あけましておめでとうございます、今年こそよろしくお願いしますよザーボンさん」

 

 

 

まだ足りない、何かがフリーザではない、何故なのか。私の何がフリーザではないのか。

 

 

服か?服を着ているのがフリーザではないのか?と全裸にもなった。

 

ナメクジに塩をかけたり、ヒドい事をしてみたりもした。

 

 

しかし、鏡を覗けばそこにはフリーザではなく、全裸で塩を握りしめ笑う、哀しい目をした変態の姿があった

 

 

 

私は泣いた。ギャンギャン泣いた。

誰かが優しくしてくれるのを期待して泣き続け、やがて年が明けた。そんな大晦日だった。

 

その後も私は泣き続けたが、皆私の事を見えないフリをして過ごしていた。時にゴキジェットや粗塩をかけてくる人もいた。

 

 

 

そして私はついに一つの答えにたどり着いた。

 

 

 

 

 

それは指の形だった。

 

 

 

フリーザの指は三本だったのだ。

 

 

 

奇しくも今年は酉年。これは何というデスティニー。ここは東京デスティニーランド。ハハッ

 

今年もよろしく(裏声)

f:id:IQ530000:20170102212016p:image