読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒマな時に読むブログ

あまりにIQが高過ぎて低く見える私の日々の考察

やめろ。私に小型犬を近づけるな。【愛犬との思い出】

やめてくれ、カワイイのはわかったから

 

 

その犬を可及的速やかに隔離してくれ。

 

 

カワイイからってなんでも許されると思うなよ、そんな つぶらな瞳で見つめないでくれ。

 

 

そんなフワフワモコモコしたってダメだ

 

 

君たちは噛み付く寸前までカワイイ顔をして、いきなり僕の腕を喰いちぎるつもりだろう。

 

 

そして、骨になった僕を裏庭に隠すに違いない。

 

 

 

そんな猛獣にどうして手を差し伸べられようか

 

 

その殺人猛獣は俺を骨にして、裏庭に隠すつもりで近づいて来てるんだ、気づいて飼い主さん

殺意の波動に目覚めたチワワに鎖を巻いて。

 

 

どうしてそんなにシッポを振っているんだ

 

 

もしかして飛ぼうとしてるんじゃないか?

 

 

その勢いでシッポを回し続けて、飛ぶつもりなんだろ?

 

 

その証拠に、少し後ろ足が浮いてるじゃないか。これは生態系の危険が危ない。

 

 

そんなにヨダレを垂らして、俺の地球をどうするつもりだ?

 

 

どれ程おなかを減らしたらそんなにヨダレが出るんだ。え?体温を下げてる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

効率。

 

 

 

 

「ヨダレを垂らして体温を下げてます」

 

 

 

そんな理屈が社会で通用するか、そのシッポの回転をもう少し有効に使うとかあるだろう。

 

 

 

 

 

そんな事を言っているとウチの犬は逃げた。

 

 

 

かなりクレバーな少年だった俺は、愛犬とポケモンイエローをやったり、犬にノーモーションで話しかけたりする有能な一面を持っていた。

 

 

 

しかし、余りに頭が良すぎて犬とポケモンをやるのは効率が悪いと気づいてしまった俺は、ポケモンではなく万歩計ゲーム、ヨーカイザーをやり始めた。

 

 

 

ここで終わらないのが私という男で、効率的にヨーカイザーで妖怪を集める為に犬を家に置いて散歩にいくとうクリエィティブな荒技を敢行する事にした。

 

 

 

 

「ぜったいおせわするから!」

 

 

そんな純粋な言葉など、彼の頭にはもうない。

 

 

彼は既に政治家の素質を開花させていた。

 

 

とにかく選挙に勝てばいい、とにかく犬を飼ってしまえばこちらの勝ちだ。

 

 

その理論で彼は生徒会選挙で圧勝した。

 

 

 

犬は逃げた。

 

 

探しても探しても見つからなかった。

 

 

どうして俺はあの時、犬を置いたまま犬の散歩に行ったんだろう。

 

 

 

どうして世界から戦争がなくならないのだろう。

 

 

 

 

どうしてドナルド・トランプはそんなに楽しい名前をしてるんだろう。

 

 

 

 

 

 

いぬ、すき、かわいい

 

 

 

 

 

やられたらやり返す、噛んだら噛み返す、倍返しだ。

(27歳男性)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AVの常識をぶっ壊したい(下ネタ無し)

そろそろアダルトビデオに革命を起こしたい

 

 

そもそも、アダルトなビデオだからと言って18歳未満は見ちゃダメなんておかしいですよね

 

 

例えば

 

 

ブラックコーヒーは18禁ですか?

 

 

モーツァルトは18禁ですか?

 

 

答えはNO

 

 

明らかにアダルトでダンディーな雰囲気であっても、それはチルドレン達に開かれた存在であるべきです

 

 

つまり、私が考えるアダルトビデオは

 

 

 

~ジャズ風BGM~

 

 

胸毛を生やしまくったダンディーマン。

 

 

彼に寄り添う巨乳のウーメン。

 

 

男はワインを飲みながら彼女に言う

 

 

「シャルウィーダンス?」

 

 

彼女は笑顔で答えた。

 

 

「ごめんなさい、胸毛がキモいの」

 

 

物語はここで終わり、男のうめき声だけが1時間流れ続けます。

 

恐らく胸毛をむしっているのでしょう。

 

 

 

話変わりますが、iPhoneで「きむじ」

 

 

と打って見てください。

 

 

金正男

 

金正日

 

金正恩

 

 

が候補に出ませんか?

 

 

もし出たとしたら、貴方の携帯は北朝鮮にやられています。

 

 

恐らく、貴方が必死でAV鑑賞している隙に辞書に登録されたのでしょう。

 

 

テポドンは囮です。

 

 

あっ、テポドンだぁ

 

 

と上むいてるすきに辞書に登録する作戦なのです。

 

 

 

 

こわいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日バレンタインだけどさ、実は前から思ってたことがあるんだよね

 

 

 

早口言葉っていくらなんでもひどいですよね

 

 

ブスバスガイドの乗ったバスガス爆発。

 

 

ブスバスガイド

 

 

ひどくないですか?

 

 

まぁいいけど

性的な悩みを解決するシンプルな提案。

ブログを何とか更新しなければならない、そう決意した私は、とにかくタイトルで閲覧数を稼ごうとした。

 

 

とにかく閲覧者にスケベニンゲンを集めたい。

 

 

スケベニンゲンとはオランダの地名だ。

 

 

ちなみにチンポー湖もある。

 

 

どっかの湖の名前だ、これは本当に仕方のない湖だ。

 

 

非常にビックリな事に、漫湖もある。

 

 

信じられないことに漫湖公園もある。

 

 

スケベニンゲンやチンポー湖は仕方ない。

 

 

 

 

だがしかし、漫湖は如何なモノか。

明らかに悪ふざけである。

 

 

100歩譲って漫湖はまだ許そう、気持ちはわかるがここは大人になって許して頂きたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漫湖公園

 

 

 

 

 

 

 

しかも湿地である、なんならラムサール条約に関わる重要な湿地である。

 

那覇バスターミナルからバスが出ていて気軽に行くことが出来る。

 

「次は〜漫湖公園漫湖公園〜」

 

 

 

 

 

かつて、純粋な少年がいた。

 

彼は、海を愛し、海に愛される伝説の男の子だ。

 

名前は藻青。そう、モアオ。

 

 

彼は琉球の文化に育ち、海から始まり海に終わる生活をしていた。

 

 

 大人になったら絶対、海に出るんだと言う彼は真っ黒に日焼けしていた。

 

 

毎日シークヮサーをかじりながら美味しいさー美味しいさーと言ってた彼も、やがて夢ができた。

 

 

 

もちろん、バスの運転手さんだ。

 

 

 

バスの運転手さんを夢見た男の子は、必死で勉強した。

 

 

そして、いつの日か気軽に女性器を連呼するようになった。

 

 

 

今やmankoと発音する事など全く気にする素振りもない

 

 

海に愛された彼は、もういない。

 

 

そんな彼に転機が訪れる。

 

 

 

バス会社が海外進出を決めた。

 

 

 

そして、彼が選ばれた。

 

 

 

 

彼は、胸躍らせてチンポー湖行きの飛行機にのった。

 

 

 

~fin~

 

 

 

 

 

インフルエンザとかいう下ネタ

名は体を表すと言いますが【インフルエンザ】

 

 

という名前が良くない。

 

 

ロンギヌス、グングニルエクスカリバー、インフルエンザ

 

 

伝説の武器に混じってても何ら違和感を感じない

 

 

この病気にかかったらとんでもない事態になる感が凄い。自己主張が過ぎる。

 

 

そこで

 

このインフルエンザをもっと身近に

 

もっとフレンドリーなパートナーにする為に、色んな名前を考えてみた。

 

 

 

 

【ふわふわマカロン

「昨日ふわふわマカロンになっちゃってさー」

「えーいいなーアタシもフワフワしたーい」

となること必至である。

 

 

普通だったら考えられない、インフルエンザであると告白されたら何故この場にいるのか叱責されるところだが、ふわふわマカロンならまろやかな空気とウィルスがその場を包む。

 

 

しかしながら、その危険性が1ミリも伝わらないので却下としたい。

 

 

 

 

 

 

【勃起】

 

ぼく「すみません部長。明日仕事休んでいいですか?」

 

部長「どうしたんだね?」

 

ぼく「実は、勃起してまして」

 

ぼく「病院にいったら、間違いなく勃起でしょうと診断されまして」

 

部長「それはいけない、しばらく休みなさい。職場の皆が勃起してしまっては仕事にならんしな、消化の良いものを食べて暖かくするんだぞ」

 

 

これはかなり危険である、そういう意味ではふわふわマカロンを余裕で超えているし、部長も高確率で勃起している可能性が高い。

 

 

しかしながら、あまりに過激で刺激的なので、ふわふわマカロンと勃起の中間地点を探す事にした。

 

 

 

 

 

 

 

和田アキ子

これはかなり勃起よりだが、一応女子である事を考慮すれば中間地点と呼ぶに相応し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風邪ひいた、ねる

 

 

 

〜迫リ来ル田楽〜2ndシーズン

いつも通りの下らないブログを書いた。

 

いつも通り風呂に入った。

 

いつも通りダヴのボディソープで身体を洗おうと思った。

 

ダヴは空だった。

 

俺は赤ちゃん肌なのでダヴじゃないと失禁する恐れがあった。

 

 

「おーい、ダヴの詰め替えとってー!」

 

 

赤ちゃん肌の俺はダヴを待った。

 

 

やがて妻が持ってきてくれたのは、いつも通りのダヴではなく田楽だった。

 

 

「えっ?もしかしてブログ読んだ?

 

 

しかし、よく見たら田楽ではなく普通の石鹸。見間違いだった。

 

「えっ?何か言った?ブログ?」

 

と言う妻に何でもないよと笑いながら、俺は軽く失禁していた。

 

今思えば、これが物語の始まりだったように思う。

 

 

 

1ー異変。

 

それからしばらく経った頃、改札で妙に混雑する事が増えた。

 

いつもだったらスムーズに人が流れる地方の駅だったので、違和感を感じながらもあまり気に留めていなかった。

 

ある日の晩、ニュースで最寄駅の名前を目にした。

 

「○△駅にて、無賃乗車で一斉検挙.....容疑者は口を揃えて田楽で行けるかと思った、と供述しており....」

 

 

耳を疑った。

 

 

「晩御飯出来たよー。」

 

 

俺は目も疑った。テーブルいっぱいに並べられた田楽。

 

 

妻はニタニタと笑いながら田楽を並べ続けている。

 

 

俺は失禁しながら玄関へ走った。何故か最寄駅へ行かなくてはならない気がして、とにかく走った。

 

 

走って走って最寄駅へ着いた時、俺は速やかにに職質をすませ改札へ向かった。

 

 

改札で目にしたもの、それはICカードのタッチパネルに田楽をペチンペチンする親父の姿だった。

 

 

「親父!!」

 

 

検挙寸前の親父の手を引っ張り、何をしてるんだと問い詰めた。

 

 

親父は普通に酔っぱらっていた、普通にいつも通りの親父だった。

 

 

どんな事にも手を抜かない親父の手は、からし味噌 で汚れていた。さすが俺の親父だった。

 

 

俺は呆れながら、それでいて少し誇らしい気持ちで親父の手を石鹸で洗ってやった。

 

 

あんなに大きかった親父の手、何十年ぶりに触ると少し小さくなっていた。

 

 

少し寂しい気持ちで親父に目をやると、親父は失禁していた。親父も赤ちゃん肌だったのだ。

 

 

俺たちは職質をすませ、それぞれの妻に襟首を引っ張られながら家路を急いだ。

 

続く

 

かどうかわからない。

 

 

 

 

 

【序章】田んぼが楽しい と書いて田楽

こんにゃくである。

田楽とはコンニャクなのである。

 

 

田んぼに一切関わりがない。楽しくもない。

 

 

コメを一粒も使わず田楽と名乗るのなら俺も田楽、アナタも田楽。

 

 

スマホを持っているでしょう。田楽です。

お風呂にあるアレ石鹸だと思ったでしょう。田楽ですよ。

 

 

この後アナタはあったかい田楽にくるまって、田楽を充電しながら眠りにつき、田楽の夢を見るんです。世界は田楽で出来ている、いや、田楽は田楽で出来ているんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ田楽食べたい

追記:三部作にします