読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒマな時に読むブログ

あまりにIQが高過ぎて低く見える私の日々の考察

電車にどうしても乗れない

子供の頃から電車が嫌いだった

 

見る分にはワクワクするし、騒音や電車による様々な環境破壊もウェルカムである、むしろエコという説もある。エコでしかない。

電車=エコ。

 

何よりガタンゴトンと催眠術のような音を聞いてると不思議と心が落ち着くし、まるでゆりかごの様な安らぎを与えてくれる。前のお姉さんも信じられないほど口を開けて寝ている。

  

 

そして、ケガをしている人がいれば、どうぞと席を譲り、お年寄りがいればどうぞと席を譲り、赤ちゃんがいれば、どうぞと席をどうぞとどうぞどうぞどうぞどうぞ

 

 

電車に乗れば、その国の品位がわかると言われています。

 

どうでしょうか、日本の電車はどうなんでしょうか。

 

 

隣のオッサンが俺の携帯をチラチラ覗いてることについてはどうなんでしょうか。

 

 

やばい混んできたやばい電車の中で電車について熱くブログを書いてる人がいたらどうなんでしょうか。

 

やばい、誰かがコッチを見ている気がする、とりあえず窓の外に忍者を走らせて落ち着こう、やばいやばいこんな文章を見られたら俺は社会的にやばい降ろして!降ろして!ここで降ろして!あっお姉さんいい匂いやばいもう無理新小岩で降ろして忍者忍者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということなんです。なんか苦手なんですよね電車