ヒマな時に読むブログ

あまりにIQが高過ぎて低く見える私の日々の考察

去年お世話になってない人に「今年もよろしく」と言ってしまう自分が恥ずかしい。

あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。

 

 

と、何度も何度も壊れたファービーみたいに繰り返す自分に嫌気がさしてきた。

 

喪中以外の人に「あけましておめでとうございます」についてはまぁいいと思う。

 

しかし

「今年もよろしくお願いします」の「も」の中には

 

「モチロン昨年も私のために尽力してくれたと思いますが、またよろしくお願いしますね今年も」

 

というフリーザ様的ニュアンスが含まれている。

 

 

ならば、いっそここはハッキリと

 

「去年は正直微妙だったので、今年こそはよろしくお願いしますね」ペッ

 

 

と言ってしまった方が、先方の為になるのではないか?よりフリーザ様に近づけるのではないか?

 

 

と考えた私は1/5までの間、会う人間のことを「ザーボンさん」と呼ぶことにした。笑い方もホホホに変えた。

 

 

 

「ホホホ、あけましておめでとうございます、今年こそよろしくお願いしますよザーボンさん」

 

 

 

まだ足りない、何かがフリーザではない、何故なのか。私の何がフリーザではないのか。

 

 

服か?服を着ているのがフリーザではないのか?と全裸にもなった。

 

ナメクジに塩をかけたり、ヒドい事をしてみたりもした。

 

 

しかし、鏡を覗けばそこにはフリーザではなく、全裸で塩を握りしめ笑う、哀しい目をした変態の姿があった

 

 

 

私は泣いた。ギャンギャン泣いた。

誰かが優しくしてくれるのを期待して泣き続け、やがて年が明けた。そんな大晦日だった。

 

その後も私は泣き続けたが、皆私の事を見えないフリをして過ごしていた。時にゴキジェットや粗塩をかけてくる人もいた。

 

 

 

そして私はついに一つの答えにたどり着いた。

 

 

 

 

 

それは指の形だった。

 

 

 

フリーザの指は三本だったのだ。

 

 

 

奇しくも今年は酉年。これは何というデスティニー。ここは東京デスティニーランド。ハハッ

 

今年もよろしく(裏声)

f:id:IQ530000:20170102212016p:image