ヒマな時に読むブログ

あまりにIQが高過ぎて低く見える私の日々の考察

上映中に声を上げて泣く人続出の映画を見てきた感想

f:id:IQ530000:20170305231344j:image

ラ・ラ・ランドがアカデミー賞を受賞しましたね

 

あれ?違うっけ。僕が見たときは確かに受賞してたんですけどね。

 

 

という訳で、早速 映画館に行ってきました。

 

 

塩とキャラメルのポップコーンを同時に口に入れて塩キャラメルポップコーン!!と叫びながらシアターに向かい、席に着きました。

 

 

照明が落ち、大音量で映画の導入部分が始まってしばらくすると、もう泣いてる人が数名。早漏

 

 

まぁ感性は人それぞれなので特に気にしてませんでしたが、なんかチョイチョイ後ろの人が俺の席を蹴ってる気がする。

 

 

まぁ感性は人それぞれなので特に気にしてませんでしたが、絶対に隣の隣の奴がチュッパチャプスを舐めている気がする。

 

 

この頃になると もう色んな事が気になり始め、些細な物音にもヒィと声をあげるようになっていました。

 

 

逆に自分の出す物音にも過剰に反応するようになり、ポップコーンを食べるときは口の中で湿らせてから噛むレベルでした。

 

 

その時です、隣に座っていた僕の息子が

 

 

「ねぇパパ、じゃがりこ食べていい?」

 

 

と小声で言って来たのです

 

 

「お前は自分が何を言っているのかわかっているのか!!!そもそも食べ物の持ち込みは禁止だろうが!!どうしても食べたかったら口の中で湿らせて食べなさい

 

 

 

 

ふと隣の隣の席を見ると、やっぱりチュッパチャプスを食べてる客が

 

 

なんだ、ここはチュッパチャプス オーケーなのか、そうか、それなら私もポテトチャップスを食べようじゃないか。湿らせて噛めば問題ないのだから。

 

 

私はカバンからプリングルスを取り出した。

 

 

カバンに入っていたのはクアトロチーズ味。

 

 

辺りに広がるチーズのかほり。

 

 

問題ない。何故なら口の中で湿らせて噛んでいるのでパリパリとした不快な音は絶対に出ないのだから。

 

 

しかしながら余りにいい匂いなのでやめた。

私のクアトロチーズを狙われかねないからだ。

 

 

ここは無難にポップコーンを食べよう、そう思った私は塩ポップコーンとキャラメルポップコーンを口の中にいれ塩キャラメルポップコーン!!と叫んだ。

 

 

キャラメルの甘みを、塩の効いたポップコーンが引き立たせる。甘みと塩っからさのエンドレス連鎖。これは美味い!!もうとまらないよ!!とスタンディングオーベーションしながら映画に目をやると

 

 

 

-自分を証明する物が何もない状態。それでも信じてくれる人がいるという事の暖かさ、そしてそれが導く奇跡。-

 

 

 

という俺の二個前のブログみたいな展開が。

え?なに?そういう感じ?監督見てる?俺のブログ見てる?イェーイ!見てるー!?ヒョオオオオ!!

 

 

とブツブツ言ってると物語は佳境。

 

 

どうでもいいんだけど、ヘルメットを被った しずかちゃんがロックマンエグゼこと彩斗兄さんにしか見えなくなってくる現象が俺の中で発生。

 

 

「パパーおしっこいきたーい」

と叫ぶ娘、辺りに漂うチーズの香り。

チュッパチャプスをバキュームする音。

映画館なのにやたら泣く その辺の子供達

 

 

 

 

混沌(カオス)

 

 

 

 

最終的にのび太とドラエもんの絆とか色々あって地球は救われた。

 

 

 

 

たのしかったですまる

 

 

 

 

 

参考

f:id:IQ530000:20170305231925j:image

彩斗兄さん

 

途中しずかちゃんエグゼだから。マジで。