読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒマな時に読むブログ

あまりにIQが高過ぎて低く見える私の日々の考察

ハンス王子

f:id:IQ530000:20170318224820j:image

世界的大ヒット映画アナと雪の女王ヴィラン(悪役)

 

ハンス王子にスポットライトをあてて考察したいと思います。

 

 

考察というかまぁ仮説と言うかでっち上げですね、よろしくお願いします。

 

 

まず、ハンス王子ですが

 

 

制作当初の予定では、単にヒロインとくっつくイケメン王子でした。

 

 

冒頭のハンス王子は、純粋で、出会いも運命的。まさにプリンス。ハンスプリングルス

 

 

エルサには後々 事故にあってもらう予定だったと考えられる程計算高いキャラに描かれておりません。

冒頭のハンス王子

f:id:IQ530000:20170318225434j:image

 

 

 

邦題では【アナと雪の女王】となってますが

 

原作はアンデルセン童話【雪の女王】と言われております。

 

 

原作の雪の女王とは、つまりhttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/雪の女王

ということです。

 

 

そう、雪の女王は姉でもなければコンプレックスをかかえた王女でも何でもありません。

 

 

原作では単なるキチ○イなハズです、ほとんどジャイアンと言っても過言ではない。というかもうジャイアンです。アナとジャイアン、いやジャイ子ジャイアンのアナ

 

 

Wikipediaのリンクがおかしいのはせめてもの気持ちです

 

まだ輝いていた頃のハンス

f:id:IQ530000:20170319123223j:image

主題歌【レリゴー】の登場によってハンスの人生は一変しました。

 

 

主題歌に合わせて雪の女王のキャラクターと、脚本が一新されてしまったのです。

 

 

悪役がいないので仕方なくハンスに死んでもらう事になりました。

 

 

死んでもらったハンス

f:id:IQ530000:20170319123722j:image

 

ちなみに、牛には胃袋が4つあり、一度食べた牧草を反芻させて4つの胃袋で消化します。

 

草しか食べてないのに あのガタイはおかしいと思ったんですよね。

 

「草の持つ栄養素を全て吸収してやろう」

 

というあのギラギラした目つき、とても人間とは思えません。変態でしかない。

 

 

おぉこわい