ヒマな時に読むブログ

あまりにIQが高過ぎて低く見える私の日々の考察

性的な悩みを解決するシンプルな提案。

ブログを何とか更新しなければならない、そう決意した私は、とにかくタイトルで閲覧数を稼ごうとした。

 

 

とにかく閲覧者にスケベニンゲンを集めたい。

 

 

スケベニンゲンとはオランダの地名だ。

 

 

ちなみにチンポー湖もある。

 

 

どっかの湖の名前だ、これは本当に仕方のない湖だ。

 

 

非常にビックリな事に、漫湖もある。

 

 

信じられないことに漫湖公園もある。

 

 

スケベニンゲンやチンポー湖は仕方ない。

 

 

 

 

だがしかし、漫湖は如何なモノか。

明らかに悪ふざけである。

 

 

100歩譲って漫湖はまだ許そう、気持ちはわかるがここは大人になって許して頂きたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漫湖公園

 

 

 

 

 

 

 

しかも湿地である、なんならラムサール条約に関わる重要な湿地である。

 

那覇バスターミナルからバスが出ていて気軽に行くことが出来る。

 

「次は〜漫湖公園漫湖公園〜」

 

 

 

 

 

かつて、純粋な少年がいた。

 

彼は、海を愛し、海に愛される伝説の男の子だ。

 

名前は藻青。そう、モアオ。

 

 

彼は琉球の文化に育ち、海から始まり海に終わる生活をしていた。

 

 

 大人になったら絶対、海に出るんだと言う彼は真っ黒に日焼けしていた。

 

 

毎日シークヮサーをかじりながら美味しいさー美味しいさーと言ってた彼も、やがて夢ができた。

 

 

 

もちろん、バスの運転手さんだ。

 

 

 

バスの運転手さんを夢見た男の子は、必死で勉強した。

 

 

そして、いつの日か気軽に女性器を連呼するようになった。

 

 

 

今やmankoと発音する事など全く気にする素振りもない

 

 

海に愛された彼は、もういない。

 

 

そんな彼に転機が訪れる。

 

 

 

バス会社が海外進出を決めた。

 

 

 

そして、彼が選ばれた。

 

 

 

 

彼は、胸躍らせてチンポー湖行きの飛行機にのった。

 

 

 

~fin~